タイトル

会社概要

  • 商号
    高千穂産業株式会社
  • 代表取締役社長
    荒木康秀
  • 所在地
    高千穂産業株式会社 本社及び本社工場
    〒561-0841 大阪府豊中市名神口3丁目6番地27
    TEL:06-6334-4381 FAX:06-6334-4250
  • 関連会社
    高千穂化学工業株式会社
  • 創業
    昭和32年10月
  • 資本金
    10,000,000円
  • 取引銀行
    池田泉州銀行 庄内支店
    三菱東京UFJ銀行 豊中支店
    北おおさか信用金庫 庄内支店
  • 役員
    代表取締役社長 荒木康秀
    代表取締役会長 荒木利治
    取締役 荒木利幸
  • 製造品目
    有機化学品の合成と精密蒸留 ・ ハロゲン化合物合成 ・酸クロライド
    医薬品原料 ・ 工業薬品 ・ 食料添加物 ・ 製缶用接着剤
  • 営業品目
    1.クロロメチルメチルエーテルの製造 
    2.フッ素系薬品の製造及び精密蒸留
    3.有機合成化学薬品の委受託製造(合成・蒸留)
    4.ファインケミカルの製造及び受託加工
    5.有機合成に関する受託研究
    6.合成接着剤の製造販売
  • 主要御取引先
    ダイキン工業株式会社
    三井デュポンフロロケミカル株式会社
    日立化成テクノサービス株式会社
    上村工業株式会社
    荒川化学工業株式会社
    大協化学薬品株式会社

高千穂産業の特徴

  • 受託内容
    下記の様なご相談を良く頂きます。
    製造方法の検討・試作・スケールアップまで、御手伝いさせて頂きます。
    フッ素系化合物の少量生産と精密蒸留
    発煙硫酸や塩化チオニールを使った酸クロライドの合成と蒸留
    試薬は存在するが流通量が少なく、少量製造を検討する様なケース
    製造メーカーが少なく、安定供給・価格面で見直されるケース
    ファインケミカルや医農薬中間原料の「開発テーマ」における少量製造
    「技術漏洩防止」や「安定供給の確保」など、カントリーリスク回避の為の製造
  • 合成技術の特徴
    弊社はハロゲン化(塩素化・臭素化)の歴史が長く、またフッ素化合物のご依頼を頂くことが増えて参りました。 ただ弊社は「ハロゲンのみのメーカー」としてではなく、化学全般での研究所的な位置づけを
    目指しております。
    液体物の蒸留・精留による高純度を手掛けるケースが多くなっております。
    医薬メーカー出身の研究者を軸に、迅速に合成検討をさせて頂きます。

沿革

  • 昭和32年10月
    高千穂化学研究所として発足
  • 昭和37年12月
    高千穂化学工業株式会社を接着充填剤、ハンダ鑞接剤(製缶用)のメーカーとして設立。
    同時に有機薬品の合成メーカーとして高千穂産業株式会社と分離設立し現在に至る。
  • 昭和40年5月
    敷地拡大
  • 昭和53年5月
    敷地拡大
  • 昭和58年4月
    医薬品製造業許可を取得
  • 昭和61年8月
    研究室・食品添加物色素室を増設
  • 平成12年3月
    医薬品製造業許可廃止
  • 平成14年4月
    7号棟増設
  • 平成17年5月
    8号棟増設
  • 平成25年10月
    9号棟増設

アクセスマップ

電車:
阪急電鉄宝塚線 庄内駅下車 徒歩20分
阪急電鉄神戸線 神埼川駅下車 車で10分

自動車:
阪神高速池田線 加島インターより 10分 / 豊中インターより 5分